概要・公募要領

事業の概要

 木塀、木柵などの外構部の木質化は、美しい街並みの景観、安全な通学路の確保、災害復興、防音対策などの生活環境の改善に効果を発揮します。非住宅及び住宅の外構部の木質化に取り組む事業者を支援する事業のご案内です。
 

公募要領

 事業申請の受付は終了しました。

申請書、届出書

各種申請書、届け出書は以下からダウンロードしてください。
 
提出書類 ワード PDF
書類名 様式No
外構実証事業助成金交付申請書 様式6号
外構部の木質化に関する報告書 様式7号
 

助成対象者

工務店、建築・建設業者等
 

対象物件

住宅・非住宅の木製外構  例: 加圧注入材 木製塀、フェンス、柵、ウッドデッキ、門柱・門扉、アプローチ、ボードウオーク、カーポート、パーゴラ等
 

補助対象金額等

(1) 塀、柵その他これに類する外構施設(公募要領 第4アに該当)

①クリーンウッド法に基づき合法性が確認された合法伐採木材 を使用して施工する場合
塀等の延長1m当たり30,000円の定額助成
②クリーンウッド法に基づく登録木材関連事業者(以下「登録事業者」という。)が合法伐採木材を供給する場合、若しくは登録事業者が施工する場合は
塀等の延長1m当たり40,000円の定額助成
③実証対象施設に使用する合法伐採木材の供給及び当該施設の施工の過程で当該木材の所有権を一時的にでも有する事業者のすべてが登録事業者である場合
塀等の延長1m当たり50,000円の定額助成
 
①から③のいずれの場合も一施設当たりの助成金の上限額は5,000,000円
 

(2)(1)を除く外構施設(公募要領 第4イに該当)  

①クリーンウッド法に基づき合法性が確認された合法伐採木材を使用して施工する場合
木材使用量1㎥当たり300,000円の定額助成
②登録事業者が合法伐採木材を供給する場合、若しくは登録事業者が施工する場合
木材使用量1㎥ 当たり400,000円の定額助成
③実証対象施設に使用する合法伐採木材の供給及び当該施設の施工の過程で当該木材の所有権を一時的にでも有する事業者のすべてが登録事業者である場合
木材使用量1㎥当たり500,000円の定額助成

ただし、①から③のいずれの場合も一施設当たりの助成金の上限額は10,000,000円とします。
なお、建売の住宅団地や公園施設の整備等、複数の施設を含む事業(プロジェクト)ごとの上限額は30,000,000円とします。
 

事業利用の流れ

事業の流れ
 

申請窓口

申請対象施設の所在する都道府県の地域木材団体
 

申請書の作成及び事業の内容等に関する問い合わせ先

事務局 全国木材協同組合連合会内 外構実証事業事務局
〒100-0014東京都千代田区永田町2-4-3永田町ビル
TEL:03-3592-1221(平日10:00~17:30)
FAX:03-6550-8541

Love Kinohei非住宅の建築をJAS構造材でお考えの方へ JAS構造材利用拡大事業
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • 林野庁
  • (一社)全国木材組合連合会
  • 全国木材協同組合連合会

Copyright (C) 全国木材協同組合連合会 All Rights Reserved.